ラグナロク


by arepuri

2月12日補足

まぁ、まず12日のことについて補足

私は12日が初総指揮でした。総指揮に決まったのは火曜です。
Abiが抜けたのは木曜の会議。
予想はしないではなかったけれども、即時脱退って言うのは想定外でした。
Abiの脱退後、防衛方針の再確認と、作戦の大まかな説明をしてその日の会議は終了。
派遣候補が転戦候補に代わっただけで、大まかには作戦変更なし。(Abiの方はこの内容は知りません。私の中で決めていた作戦に変更がなかったという意味です。念のため補足。)
AbiとLSは前に組んでいたりしたっていう話は聞いていたので、LSAbiが攻めてくるって言うのはもうすでに想定していました。
ただ、時期的に傭兵を雇うのは厳しいってことで、具体的には何もしませんでした。
実際には、木曜の時点でも雇い先の決まってない傭兵もあったらしく、無理と決め付けずに動けるだけ動くべきでした。

当日は、職バランスが思ったほどよくなかったり、作戦所の説明不足などで、
想定していたとおりのラインが引けませんでした。

ウェルマスターが鯖缶というのも痛かったです。一度ERに復帰するも、EMCできずに再度鯖缶。EMCできたのは多分開始直後の一回のみだと思います。

それでも、100人オーバーの攻め手に対してEMC一個で、1時間もったのは僥倖だと思います。ウェルマスターが鯖缶しなければ・・・。SRマスターがいたら・・・って思わなくもないですが、
タラレバを言ってもきりがありません。
EMCマスターが落ちた場合の対応や、復帰支援の方法をあらかじめ考えていなかったわたしのへまです。

ER陥落後7,8分で転戦先を探して転戦となりました。
攻められている間は、転戦先探す余裕とかなかったのです・・・。
余裕がないのはあらかじめわかっていたので、ある程度決め打ちでした。
開始前から、21事前後に落ちたらL3あたりかなと思っていたので、L3の偵察報告が来るのを今か今かとまっていました。
んで、L3。げっと。
派遣はラストレースに一縷の望みをかけて、2箇所に派遣。一箇所に前衛全員送っても、詰まるだけなので。まぁ、これは実りませんでしたが。


Abiについては、抜けた時期がちょっとっ・・・て思いもしましたが、だからといって攻めてくるなっていうのも変な話ではあるのです。不可侵条約を結んでいたわけでもないですし。
別のエントリにも書くつもりですが、LSAbiは、悪意があってB3攻めをしたわけではないということを直接聞きました。
単純に、面白そうだったからだと。
今まで戦いたくても戦えない相手だったわけですから、納得する部分は大きいです。
わたしも正直、LSAbiが来るかもなって思ったときにちょっとワクワクしましたし。
色々あわただしいGvでしたが、楽しかったです。


一週間遅れだし、文章ばっかだし、クオリティ低いですが、勘弁してやってください。
マジでリアルが忙しいんです・・・。
[PR]
by arepuri | 2006-02-20 21:11 | GvG